Loading...

チンタオサウルス(神流町恐竜センター)(フクシマ応援Ver)

Figure of Tsintaosaurus.
チンタオサウルス(神流町恐竜センター)(フクシマ応援Ver)

特徴 - feature

チンタオサウルスのフィギュア。
このチンタオサウルスフィギュアは、2015年に行われた「福島県広尾町チンタオサウルス-全身骨格模型修復プロジェクト」にクラウドファンディング(資金支援)したお礼として頂いたたものです。

  • 監修・メーカー : 神流町恐竜センター(長谷川 喜和)
  • 素材 : ウレタン樹脂(レジン)
  • 入手 - Catch

    「恐竜でフクシマを応援しよう」プロジェクトへの寄付謝礼として頂いたフィギュアです。

    2011年3月11日の東日本大震災。甚大な被害をもたらしました。福島第一原発から30km圏内にある福島県広尾町。 福島県広野町役場には、ハドロサウルス類チンタオサウルスの全身骨格レプリカが展示されていました。 広野町に約8800万年前-白亜紀後期の地層が露出していることから、「化石」の産地としてのアピールのため1988年から役場ロビーに展示されていたのです。 震災により、チンタオサウルスの頭骨は落下して破損しました。
    研究者たちがその後検討した結果、その他首の部分などに破損がみられ、[展示に戻すためには大規模な修復が必要]と結論に至ったそうです。 その修復に必要な費用は400万円(内訳、特殊な樹脂や溶接剤に250万円、溶接や色つけなどの作業費130万円、現地での組立て作業20万円)。 2011年にアメリカ古脊椎動物学会から50万円の寄付が寄せられていますが、350万円の不足分を集めるために、 長谷川喜和(群馬県立自然史博物館・名誉館長)、真鍋真(国立科学博物館)が発起人となって、「恐竜でフクシマを応援しよう」プロジェクトが立ち上がりました。

    • 贈呈時期 : 2016年4月
  • 破損したチンタオサウルスの骨格レプリカ

    破損した広尾町のチンタオサウルスの骨格レプリカ

  • チンタオサウルス フィギュア(フクシマ応援)
  • チンタオサウルス - Tsintaosaurus

     
    分類 : 鳥盤目・鳥脚類 (鳥脚亜目・ハドロサウルス科)
     
    体長 : 10m
     
    食性 : 植物食
     
    生息時期 : 白亜紀後期
     
    記載年 : 1958年

関連ページ - Related Pages

恐竜

地球には、多くの竜がいました。2億3000万年前に現れて、6550万年前に姿を消しました。のちに「恐竜」と呼ばれる彼らのことを知りましょう。

詳しくは、
恐竜のしっぽ >サイト
https://www.dino-tail.com/

 

2003年、恐竜の紹介サイト「恐竜のしっぽ」https://www.dino-tail.com/を公開。
2012年、個人所有している恐竜・古生物系のグッズ・コレクションを紹介する当サイト「恐竜のしっぽ 別館」の公開を始めました。

スポンサーリンク