カルカロクレス・メガロドン

Carcharocles megalodon.



Overview

メガロドンの名前で知られるこの歯の持ち主は、新生代第三紀中新世-鮮新世(約1800万年前-約150万年前)の暖かい海に存在したサメです。 正式には、Carcharocles megalodon(カルカロクレス・メガロドン)の学名がついています。

サメは軟骨魚なので顎と歯以外は化石には残りません。そのため、推定全長については諸説ありますが、全長10mを超える大型種であったことは確かなようです。



Comment

カルカロクレス・メガロンドンの歯化石。 修復/補填された箇所が無く、表面のエナメル質も保たれています。セレーション(歯の縁のギザギザ)もほぼ完全に揃う標本です。10cmを超える歯。 歯根部付近はオレンジ系のグラデーションがかかっていて綺麗、鑑賞用として最高。 満足。

Purchase record

購入時期
2018年6月
購入場所
Master Fossil

Spec

時代
新生代第三紀(約1800万年-150万年前)
サイズ
104 mm x 84.8 mm x 20mm
産地
Hawthorne Formation, Ashepoo River, South Carolina, USA(アメリカ).

Related