Loading...

ホプロリコイデス | 化石

Hoplolichoides conicotuberculatus.
ホプロリコイデス(三葉虫) | 化石

特徴 - feature

精細にプレップされたホプロリコイデス・コニコトゥベルクラトゥス(Hoplolichoides conicotuberculatus)です。
ホプロリコイデスは、ロシア産三葉虫の中でも一層変わった姿をしています。 武装したような小さなトゲが体表を覆い、頭上のツノと背中の長いトゲが特徴的です。 体高も他の三葉虫とは異なる一面をもちます。

  • 時代 : オルドビス紀(約4億6000万年前)
  • サイズ : 50.8 x 41.7 mm
  • 母岩サイズ : 112 x 102 x 48 mm
  • 重さ : 548 g
  • 産地 : Asery level Formation, Vilpovitsy quarry, St. Peterburg region, Russia(ロシア).
  • ホプロリコイデス | 化石
  • ホプロリコイデス | 化石
  • ホプロリコイデス | 化石
  • ホプロリコイデス | 化石
  • ホプロリコイデス | 化石
  • 購入 - purchase

    頭の2本ツノが寝ぐせに見えて、親近感を覚え購入しました。
    「何のために生えているのだろう・・・」想像しながら眺めると、楽しい。

    • 購入時期 : 2016年6月
    • 購入価格 : 70,000円
    • 購入ショップ : Master Fossil

関連ページ - Related Pages

  • アサフス・コワレフスキー | 化石

    アサフス・コワレフスキー | 化石

    アサフス・コワレフスキー | 化石

  • カドセラス | 化石

    カドセラス | 化石

    カドセラス | 化石

  • アサフス・コワレフスキー

    アサフス | 恐竜のしっぽ - 古生物

    アサフス | 恐竜のしっぽ - 古生物

    北欧からロシアにまたがるオルドビス紀後期(約4億6800万年-4億7000万年前)の地層から産出します。 特に、ロシア・サンクトペテルブルク郊外のVolkhov River周辺から産出するアサフスは、白っぽい母岩の上に、化石になる過程で方解石に置き換わったキャラメル色の外殻を保持しています。
恐竜

地球には、多くの竜がいました。2億3000万年前に現れて、6550万年前に姿を消しました。のちに「恐竜」と呼ばれる彼らのことを知りましょう。

詳しくは、
恐竜のしっぽ >サイト
https://www.dino-tail.com/

 

2003年、恐竜の紹介サイト「恐竜のしっぽ」https://www.dino-tail.com/を公開。
2012年、個人所有している恐竜・古生物系のグッズ・コレクションを紹介する当サイト「恐竜のしっぽ 別館」の公開を始めました。

スポンサーリンク