Loading...

Dino Alive ’93

Dino Alive ’93 IN OSAKA
DINO ALIVE ’93 ガイドブック

特徴 - feature

1993年大阪西梅田のJRコンテナヤード跡地で開催された「DINO ALIVE ’93」。
13種40体の復元模型と、化石標本が展示されていました。ステゴサウルスとアロサウルス、ティラノサウルスとトリケラトプスなど人気種が勢揃い。

関西テレビ放送が主催し、文部省、科学技術庁、アメリカ総領事館、大阪府、大阪市、兵庫県、産経新聞、学習研究社などが後援となるサポートしました。

  • 展示会名称 : ディノ・アライブ (DINO ALIVE’93) IN OSAKA
  • 開催期間 : 1993年7月17日~11月23日
  • 場所 : 大阪・西梅田・JRコンテナヤード跡地
  • DINO ALIVE ’93 ガイドブック
  • DINO ALIVE ’93 ガイドブック
  • DINO ALIVE ’93 ガイドブック 主催_後援者
  • ガイドブック

    2018年現在群馬県立自然史博物館 館長の長谷川善和が、横浜国立大学の教授だった1993年に監修したイベント。

    • ページ数 : p.130
    • 監修 : 長谷川善和(横浜国立大学教授)
    • 主な執筆者 : 金子隆一(サイエンスライター)、伊藤恵夫、本多成正、岸川靖
    • 編集・発行 : 学習研究社、ディノ・アライブ実行委員会
    • 価格 : 1600円

関連ページ - Related Pages

恐竜

地球には、多くの竜がいました。2億3000万年前に現れて、6550万年前に姿を消しました。のちに「恐竜」と呼ばれる彼らのことを知りましょう。

詳しくは、
恐竜のしっぽ >サイト
https://www.dino-tail.com/

 

2003年、恐竜の紹介サイト「恐竜のしっぽ」https://www.dino-tail.com/を公開。
2012年、個人所有している恐竜・古生物系のグッズ・コレクションを紹介する当サイト「恐竜のしっぽ 別館」の公開を始めました。

スポンサーリンク