Loading...

アンモナイト類の接地痕 | 化石

Trace of Ammonoidea.
アンモナイト類の接地痕

特徴 - feature

ゾルンホーフェン石灰岩には、他には類を見ない化石が残されています。 この化石は、アンモナイトが水底に接地した際についた痕-印象化石です。

  • 時代 : ジュラ紀後期(約1億5000万年前)
  • 重さ : - g
  • 産地 : Mörnsheim, Landkreis Eichstätt, Germany.(ドイツ).
  • アンモナイト類の接地痕
  • アンモナイト類の接地痕
  • アンモナイト類の接地痕
  • 発掘 -

    2019年7月、MörnsheimのFossilien-Besuchersteinbruch Mühlheimで採取しました。

    • 発掘 : 2019年7月
  • 発掘場所
    採取場所

関連ページ - Related Pages

恐竜

地球には、多くの竜がいました。2億3000万年前に現れて、6550万年前に姿を消しました。のちに「恐竜」と呼ばれる彼らのことを知りましょう。

詳しくは、
恐竜のしっぽ >サイト
https://www.dino-tail.com/

 

2003年、恐竜の紹介サイト「恐竜のしっぽ」https://www.dino-tail.com/を公開。
2012年、個人所有している恐竜・古生物系のグッズ・コレクションを紹介する当サイト「恐竜のしっぽ 別館」の公開を始めました。

スポンサーリンク