Loading...

ワリセロプス・トリフルカトゥス | 化石

Walliserops trifurcatus.
ワリセロプス(ロングフォーク)(三葉虫)の化石

特徴 - feature

愛称"ロングフォーク"と呼ばれる、ワリセロプス・トリフルカトゥス(Walliserops trifurcatus)。
デボン紀中期のモロッコに生息していました。 頭部先端から伸びた三叉のツノが特徴的な人気種です。
ワリセロプスの頭部先突起の機能について、海底の泥をすくって濾過した有機物を食べた-濾過食のための器官か、 現生のカブトムシのような異性や縄張りを争うための道具だったとの説が提唱されていますが、よくわかっていません。

  • 時代 : デボン紀中期
  • 産地 : Atlas Mountain Range, Morocco(モロッコ).
  • ワリセロプス(ロングフォーク)(三葉虫)の化石
  • ワリセロプス・トリフルカトゥス(ロングフォーク)(三葉虫)
  • ワリセロプス・トリフルカトゥス(ロングフォーク)
  • ワリセロプス・トリフルカトゥス(ロングフォーク)
  • ワリセロプス・トリフルカトゥス(ロングフォーク)
  • ワリセロプス・トリフルカトゥス(ロングフォーク)
  • ワリセロプス・トリフルカトゥス(ロングフォーク)
  • 購入 - purchase

    • 購入時期 : 2017年7月
    • 購入ショップ : Master Fossil

関連ページ - Related Pages

恐竜

地球には、多くの竜がいました。2億3000万年前に現れて、6550万年前に姿を消しました。のちに「恐竜」と呼ばれる彼らのことを知りましょう。

詳しくは、
恐竜のしっぽ >サイト
https://www.dino-tail.com/

 

2003年、恐竜の紹介サイト「恐竜のしっぽ」https://www.dino-tail.com/を公開。
2012年、個人所有している恐竜・古生物系のグッズ・コレクションを紹介する当サイト「恐竜のしっぽ 別館」の公開を始めました。

スポンサーリンク